労働時間を正確に把握!!不正打刻対策タイプも登場!!

平等な勤怠管理が行える労働者を雇用して仕事をしてもらうとき、その仕事の対価として賃金を支払います。月給制であれば1か月の仕事量に対して賃金を支払いますが、単に仕事量に対して支払うだけでなく残業時間や深夜労働に対して割り増し賃金が必要です。タイムレコーダーがない職場だと各自が労働した時間に関しては自己…