実技テストを行う事が大事

社員研修をする事は、会社全体の従業員のスキルを上げる事が可能なので結果的に会社の利益に繋がります。しかし、社員研修をすれば確実に従業員のスキルが向上するわけではなくて、結局従業員一人一人がどれだけ社員研修を真面目に受けるかが重要です。そこで、少しでも従業員のスキルを向上させるためには、社員研修を行った後に実技テストを行う事です。もちろん、実技テストの内容は研修で習った事であり実技テストが不合格になった場合、再度研修を受け直すようにします。

そうなると、従業員が再度研修を受けないようにするために社員研修を真面目に受けてくれてスキルが向上しやすいです。このように、会社がどれだけ従業員のやる気を出させるかがポイントです。

講義研修では定期的に質問をする

社員研修で講義研修を行う時には、参加している人に定期的に質問をする事が必要です。もちろん、研修内容に関係がある質問をしていきますが、なぜ質問をした方が良いのかというと、研修を受けている従業員が研修内容を理解しているのか、真面目に講義を受けているのかを確認するためです。もし、真面目に研修を受けていない場合は、質問をしてもうまく答える事が出来ない可能性が高いですが、真面目に研修を受けていると質問に適切に答えてくれる事が多いですよね。

講義研修では、真面目に講義を受けてくれない人もいるのでそのような人を減らすためにも、定期的に質問をして緊張感ある講義研修にしていく必要があります。研修に参加している人全員が真面目に受けてくれると、講義だけでも質が高い研修になります。

管理職研修は、まず管理職としての自覚を養うことから始まり、マネジメント能力やコンプライアンスなどのスキルを身につけることを目的としています。