平等な勤怠管理が行える

労働者を雇用して仕事をしてもらうとき、その仕事の対価として賃金を支払います。月給制であれば1か月の仕事量に対して賃金を支払いますが、単に仕事量に対して支払うだけでなく残業時間や深夜労働に対して割り増し賃金が必要です。タイムレコーダーがない職場だと各自が労働した時間に関しては自己申告をしてもらうしかなく、申告をする人によって残業時間を多めにする人もいれば少なくする人もいるかもしれません。申告の仕方で給料が変わる可能性があり、あまり平等な勤怠管理ができているとは言えないでしょう。タイムレコーダーを導入すると機械によって労働した日と労働時間が記録されます。各自の申告よりも正確で平等な勤怠管理が行えるでしょう。

打刻ミスや不正打刻の可能性

タイムレコーダーを使った勤怠管理ではタイムカードとセットになった仕組みがよく知られています。労働者ごとにタイムカードがあり、会社の入り口などでタイムレコーダーに差し込むと時刻が打刻されます。1か月が終わると人事部などがタイムカードを集め、それを集計して勤怠管理を行います。正しく打刻が行われていれば勤怠管理も正確に行えますが、少なからず打刻ミスや不正打刻などがあり正確な記録がされないときもあります。新しいタイプのタイムレコーダーでは不正打刻がしにくいタイプが用意されていて、各自しか持てないICカードで打刻するタイプや指紋をかざして打刻するタイプが出てきました。新しいタイプなら不正打刻などもなく正確な勤怠管理が出来そうです。

タイムレコーダーは、各企業の従業員がどれくらい働いているのかを、日付ごと時間ごとで管理できるものです。