お互いの不足点を補う

M&Aとは企業の買収や合併のことを指しますが、広い意味では業務提携や資本提携、分割、外注委託などにも使われる言葉です。M&Aの最大のメリットはお互いの企業の不足部分を補うことができることです。たとえば開発力や技術力を持っていても販売ルートが無い企業と自社の持つ販売ルートで新しい製品を売りたい企業が提携すれば、新しい事業を生み出すことができます。又、自社では苦手な分野でも、提携や買収によって技術を取り入れたり、設備投資なしに商品を製造することができます。時には優れたブランドを手に入れることもでき大きなイメージアップにつながります。M&Aを行うことによってお互いに大きな利益を生み出すことが可能なのです。

事業承継にもM&Aは大きな役割を果たしています。

日本の中小企業で一番問題となっているのは、後継者不足です。日本の中小企業には世界に誇れる技術力があるのですが、後継者不足によってその技術の伝承が危機にさらされています。その技術力を必要としている企業とのM&Aならば、双方に大きなメリットがあり高い技術力を守ることができます。後継者不足で廃業となれば、勤めている従業員も解雇せざるをえませんが、M&Aによって大切な従業員を守ることができます。優れた技術を持った日本の中小企業を後継者不足から守る一つの道が、M&Aです。後継者不足による事業承継で悩んでいる中小企業の経営者の皆さんは、M&Aを仲介してくれる業者や事務所もあるので、検討してみてはいかがでしょうか?

M&Aとは、企業の買収や合併を意味し、企業は海外で競争力をつける目的で海外の企業を買収したり、国内で販売を伸ばすため、同業種が合併するなどの意味で使用されます。