アポハンターとして活用しましょう

価値のある商品やサービスを開発、製品化したとしても営業力が足りなければ数字が伸びずに悩む場合があります。ただ、営業に向いているタイプとそうではないタイプに分かれるため、人員を増やせば良いというわけではありません。

そこで、新しく採用する選択肢はありますが、希望している年齢やキャリアの人材から必ず応募があるとは限りませんし、人件費が増えてしまいます。

たとえば、営業代行のサービスをアポハンターという形で活用すれば、新しい営業担当者を採用せずに済みますし、難しいアポ取りの部分を任せて自社の営業担当者は、契約の段階から仕事を始められるようになるでしょう。たくさんアポを取ってもらうことができれば、契約のチャンスは増えるため、売上アップが可能です。

アウトソーシング化すれば負担を減らせる

営業代行のサービスを活用すれば、アウトソーシング化を実現することができます。アポ取りをする前の段階で必要な作業となる見込み顧客を探してもらったり、商談を行って契約を獲得してもらったりなど、営業活動の大部分をアウトソーシング化することによって、自社の営業担当者の負担を減らせます。

ただ、いつまでもアウトソーシング化するわけではなく、1か月間や成果が出るまでなど一時的な活用の形が理想的です。なぜなら、契約する期間が長くなれば、支払う料金が高くなってしまうからです。確実に売上アップをしたい時や新しい営業担当者が見つかるまでなど、営業代行は困っている期間に効果的なサービスです。

営業代行とは、外部の会社に営業を代行する営業方法になります。外部の会社に代行させることで、自社にはないノウハウで新規の顧客を開拓したり、効率的に営業を行えるなどがメリットが得られます。